メンズ美活日記

男女問わずためになる美容情報を共有します。日常で何となく使っている化粧水や日焼け止めなど、実はものによって全然成分が違います。詳しく知ってみませんか?

知っているようで知らない日焼け止めの『SPFとPA』

 f:id:meensbikatu:20200517201306j:plain

 

日焼け止めを購入するとき、何を意識して選びますか?

値段?メーカー?液体の種類?

いろいろあると思いますが、『SPFとPA』を気にされる方は多いように感じます。

ではSPFとPAが何を表しているかしっかり答えることが出来るでしょうか。

何となく、「数字が大きく、+が多いほど日焼け効果が高いんだろうな」程度の認識ではないでしょうか。

そこで今回はSPFとPAの正しい知識をお届けします。

しっかり知識を得て日焼け止め選びをすることでお肌に出来るだけ優しくスキンケアをすることが出来ます。

 

 

 

紫外線の種類

 

 紫外線と一括りに呼んでいますが、実は紫外線にも種類があります。

 SPFとPAを理解するためにはまず紫外線について知っている方が分かりやすいので紫外線の説明をします。

UVA=紫外線A波

 

 UVAの特徴は以下の通りです。

  • 肌を黒くする
  • 皮膚の奥に侵入し、長時間浴びると肌の老化につながる
  • 紫外線の95%以上がUVA=紫外線A波である
  • 曇りの日でも晴れの日の約75%地上に届いている
  • 冬でも夏の50%程度は地上に届いている

 

俗に言う『日焼けをする』というのは肌が黒くなることを指しますが、UVAが原因だったんですね。

また、冬でも曇りの日でもじゃんじゃん地上に届いています。超危険です。

 

UVB=紫外線B波

 

UVBの特徴は以下の通りです。

  • 肌に炎症を起こす
  • 色素沈着を起こす
  • 繰り返し浴びると肌の老化や皮膚ガンを誘発
  • シミやそばかすの原因
  • 曇りの日は晴れの日の約50%届いている
  • 冬は夏の1/5程度地上に届く

 

日焼けで顔が赤くなったり、シミが出来るのはUVBが原因だったんですね。

 絶対に避けたい紫外線です。

 

こんな事実を知ると、UVAもUVBも極力避けたいですよね。

これらを効果的に避けるためにはSPFとPAについてよく知ることが不可欠ですので、次はそれについて知りましょう。

 ※UVC=紫外線C波もありまして、皮膚がんの原因となります。オゾン層によって遮られていましたが、近年ではオゾン層の破壊により地上に到達し始めていると言われています。

 

SPFとPAって何?

 

 今回の本題です。

日焼け止めには必ずSPFとPAの品質について記載があります。

片方ずつ理解していきましょう。

 

SPFとは

 

  • SPF=サンプロテクションファクターの略です。
  • SPFはUVB(紫外線B波)を防止します。
  •  2~50の数値で表され、最高値は50+です。明らかに51を超える場合に50+と表示します。

 

数値の意味は例えばSPF50の場合日焼け速度を50倍遅く出来ている、という意味です。

日焼けのスピードは15分~20分等、個人差があります。

では15分で日焼けする人がSPF50の日焼け止めを使った場合はこうなります。

15分×50=750分=12時間30分

 なかなかの効果ですよね。

これは1平方センチメートル(1cm×1cm)当たり2mgずつ塗った場合の効果と定義づけられており、実際にこの量を塗ると顔が白っぽくなってしまいます。

なので実際にはもう少し効果は弱いと考えて頂いた方が良いです。

だったら、「SPFの数値が弱いものを使う理由はないのではないか」と思われてしまいますが、こちらに関しても後で解説しますね。

先にPAについて学びましょう。

 

PAとは

 

  • PA=プロテクショングレイドオブUVAの略です。
  • PAはUVA(紫外線A波)を防止します。
  • +の数が多いほど防止効果が高い

 

+に関してはしっかりとした定義があります。

  • PA+  UVA防止効果あり

  • ++   UVA防止効果かなりあり

  • +++  UVA防止効果非常にあり

  • ++++ UVA防止効果極めて高い

 

UVAは冬でも曇りでも降り注いでいますので、季節・天気問わずに必要な性能がPAというわけです。      

では次は今紹介したSPFとPAは強ければ強いほど良いか、解説します。

 

SPFとPAは強ければ強いほど良い?

 

先ほどの説明だけですと、誰しもが思うはずです。

しかしそうとも言えないのです。

日焼け止めにはいろんな成分が入っており、その中には肌への刺激が強いものもあります。

詳しくはこちらの記事へ↓

www.mensbikatu.com

 

肌へ刺激を与えてしまう成分は基本的にSPFとPAが高いほど多く含まれます

ですから、日焼け止めの使い分けをして出来るだけお肌への負担を軽くしてあげることが大切です。

せっかく肌へのダメージを防止するはずの日焼け止めで、別のダメージを与えてしまっては本末転倒ですからね。

では、「どんな使い分けをしたらいいの?」したらいいの?という疑問にお答えします。

 

SPF
  • 散歩や買い物、軽いスポーツやレジャー活動=SPF30程度
  • 炎天下でのレジャー、リゾート地でのマリンスポーツ等=SPF50程度

 

PA
  • 日常生活の場合=PA++程度
  • 海やレジャーの場合=PA++++程度

*1

 

 上記を参考に日焼け止めを使い分けすれば、出来るだけ負担をかけずに紫外線からお肌を守ることが出来ます。

むやみに効果の高い日焼け止めを遣えば良いというわけではないんですね。

 ちなみに、海やレジャーで絶対に焼きたくないからと、SPF50とSPF40を混ぜてもSPF90にはならないので注意してください。

周りの目を気にせず、SPF50を顔が白くなるほど塗りたくる方が効果は高いです。

 

商品ピックアップ

 

  • 服や手が触れたり、汗で流れてしまう
  • 皮脂や汗と日焼け止めが混ざったものが肌へダメージを与える可能性がある

 

このような理由から日焼け止めは本来、2時間~3時間程度での塗り直しが良いと言われています。

ですので、肌に影響の少ないタイプのものを定期的に塗りなおすことが1番良いスキンケアです。

しかし実際にはそんな都合よく塗り直し出来ませんので、より環境にあった日焼け止めを使いましょう。

最後に最強の日焼け止めと、日常用の日焼け止めをご紹介します。

 

 

SPFとPAが高い日焼け止め3選

 

まずはSPFとPAが高い商品を3つ選びました。

全て『効果の高い日焼け止めといえばこれ』といった印象の日焼け止めで、全てSPF50+PA++++の最大値表記商品です。

1つずつ解説も入れて紹介します。

しかし3つとも日焼け止め効果は高いものの、紫外線吸収剤配合ですのであくまでもサブとして、本当に紫外線のきついところに長時間居るときだけ使っていただきたいです。

 

 紫外線吸収剤について詳しく知りたい方はこちら↓

www.mensbikatu.com

 

1つ目

 

 

1つ目は 定番中の定番、アネッサパーフェクトUVスキンケアミルクです。

こちらの商品がなぜ日焼け効果が高いのか。

その秘密は、日焼け止めの天敵であるはずの汗、水、そしてによりUVブロック膜が逆に強くなるのです。

具体的には配合成分がこんな働きをします。

  • 熱などに反応しUVブロック膜が均一になり強くなる
  • 汗や水に触れるとUVブロック膜が気に津になり強くなる

 

その他にも

  • 独自粉末配合により指滑りがよくなり、耐摩耗性に優れる
  • 保湿、美肌成分が紫外線による乾燥などを防ぐ
  • 石鹸で落とすことが出来る
  • 80分の水浴を耐えるスーパーウォータープルーフ
  • スキンケア成分を50%配合

 

 など、最強の日焼け止めと呼ぶに相応しい機能が備わっています。

絶対に焼きたくない、というときはいいのかなと思います。

 

2つ目

 

 

2つ目にご紹介するのはアリィーエクストラUVジェルNです。 

この商品の特徴は以下の通りです。

  • 汗、水に強いスーパーウォータープルーフ
  • 摩擦やこすれに強いフリクションプルーフ
  • 美容液成分配合

 

 こちらの商品も先ほど同様心強い機能が備わっていますね。

 紫外線吸収剤紫外線散乱剤どちらも配合されています。

 

3つ目

 

 

3つ目はDHCサンカットQ10パーフェクトミルク です。

この商品の特徴は

  • 汗、水に強いスーパーウォータープルーフ
  • べたつきを抑えて砂の付着をブロックするサンドプルーフ
  • タオルや衣服などの摩擦に強いこすれプルーフ
  • 乾燥ダメージをケアをサポートする保湿成分配合
  • 美肌成分配合

 

等、海やレジャーに最適といえる機能を備えています。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を配合しています。

海では日焼け止めを塗ったところに砂が付きますよね。

あの不快感を避けるのであればこの日焼け止めです。

 

日常使いにおすすめの日焼け止め3選

 

これからご紹介する商品は全てSPF30程度、PA++程度の肌に負担の少ないタイプで、さらにノンケミカルのみをご紹介します。

日常使いはこれらを使用することがお肌の負担を少なくできておすすめです。

 

1つ目

 

 

1つ目はウルンラップ UVクリームSPF28PA+++です。

こちらの商品の特徴は以下の通りです。

  • 紫外線吸収剤不使用
  • アルコール、パラベン、シリコン等フリー
  • 7種のオーガニック原料
  • レモングラスの香りで虫よけにもなる
  • 石鹸で落ちる

 

 オーガニックで、お肌に影響のあるものを極力取り除いたノンケミカルの日焼止めです。

SPFは28ありますので、日常生活では十分です。

PAも+++なので危険なUVAを防げます。

商品ページにも日焼け止めについて詳しく説明があるので是非見てみて下さい。

 

2つ目

 

 

2つ目はdプログラム アレルバリアクリームSPF30PA+++ です。

この商品の特徴は以下の通りです。

  • アレルバリアテクノロジーで花粉、ちり、ほこり、ハウスダスト、黄砂等の微粒子汚れからバリア
  • 保湿剤配合で肌の乾燥を防ぐ
  • もちろん紫外線吸収剤不使用
  • 化粧下地としても
  • 石鹸で落ちる

 

最大の特徴はアレルバリアテクノロジーです。

敏感肌の方はハウスダスト等で肌荒れを起こしてしまっている可能性がありますので、これらから肌を守ってくれるのは嬉しいですね。

また、室内でも太陽光は反射して日焼けをしてしまいますので、室内でも使える日焼け止めとしておすすめです。

 

3つ目

 

 

3つ目はユースキン UVミルクSPF25PA++です。

この商品の特徴は以下の通りです。

  • うるおい成分「しその葉エキス」配合
  • 無香料、無着色
  • 紫外線吸収剤不使用
  • 石鹸で落ちる

 

 本当に必要なものだけが入っている日焼け止めという印象です。

お肌のことを考え抜いた結果がこの商品なのでしょう。

素朴ですが日焼け止めと保湿はしてくれます。

ニオイのするのもが苦手という方や、小さいお子様におすすめです。

 

まとめ

 

日焼け止め性能を最大値にして表示できる日焼け止めは紫外線吸収剤配合のものが多いです。

気にしない方もいますが、個人的には紫外線吸収剤が配合されていないもの強くオススメします。

なので少なくとも日常使いでは今からご紹介するようなノンケミカルの日焼け止めを使ってスキンケアをしてください。

もっと言うのであれば日差しが強いところでも紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを2時間おき程度で塗り直すことを個人的にはオススメします。

 是非、お肌に思いやりのあるスキンケアを心がけてください。

 

 

 

*1:※環境省の資料を参考にしています。 https://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full/matsigaisen2015_full.pdf